トップ|教室日程| 教室の進め方|講師紹介|資料集

竹細工教室のご案内

はじめに

 かって日本の風景を代表した美しい竹林が、今や邪魔者扱いされています。暮らしや意識の中に竹を取戻し竹林を再生すること。
NPO法人 日本の竹ファンクラブ は、そうした一人一人の思いや活動をつなぎます。
 竹の素材を生かしたモノづくり。確かに存在していた日本の文化・自然素材製品を手に触れる竹細工 (先ずは基本の竹カゴづくりから) を始めてみませんか。
 暖かな日には、いっしょに近隣竹林に出かけ、竹林を吹き抜ける薫風に身を置いて里山の自然保全にも気を向けてみましょう。
 参加者は会員に加えて広く一般の方々も参加いただけます。これを契機に竹の美しさを体感し、クラブのボランティア活動にも賛同していただけるなら大きな喜びです。

講師は長年竹細工に携われてきた柳田竹細工店 店主をお招きします
プロ竹細工職人の直伝です
経験・未経験を問わず奮って参加ください
定員 5〜10名程度の充実した実習とします

主催 : NPO法人 日本の竹ファンクラブ

 開催日ご案内 

 教室の進め方 

 講師ご紹介 

 資料集 

【前回の教室 竹ヒゴ割き】

【前回の教室 六つ目竹カゴ編み】

参加申込み
 NPO法人 日本の竹ファンクラブ
 Tel/Fax : 045-306-9993
 e-mail : office141@takefan.jp
 ※下記をご通知ください
  ・お名前
  ・連絡先電話(携帯)番号 (開催変更等の緊急時)
  ・竹ヒゴ材料の要否 【 要(完成品)/要(半完成品)/不要 】
 ※竹ヒゴ準備の日程上、参加申込み期限を教室開催日の10日前とします

竹細工教室の開催案内

第三回 【新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止】


  時期をみながら次回ご案内を掲示いたします

(ご参考) 第三回に予定した教材等を掲示します

教材 「六つ目竹花かご」を再挑戦

参加費 2,000円
材料費 2,000円/竹ヒゴ完成品 または 1,000円/竹ヒゴ半完成品
※竹細工に必要な「竹ヒゴ」を先生に作っていただけます
 「竹ヒゴ完成品」or「竹ヒゴ半完成品」(厚み削り/面取りを自分で行う)を選択できます
※申込み時、「竹ヒゴ」の 要(完成品)/要(半完成品)/不要(自作持参)を明示ください

※前回配布した竹ヒゴを再度使用できる方は持参ください
※カゴの立ち上げは、底に足を入れて行うとやり易いそうです
※再利用の方は、六つ目編み底を自分の足の長さに応じて広げて編んでみて、 前回より長い竹ヒゴをご希望の方は、新規に申し込みください

※持ち物
 軍手(滑り止め付き)、弁当、飲み物
 竹ヒゴを自作したい方は、(竹ヒゴ半完成品選択の方も)
  竹割りナタ、切出しナイフ、膝掛け(100均の厚み共布で充分)

【六つ目竹花かご ; 物入にも】
前回の作品です。
底の六つ目は編めたものの、立ち上げからは先生の手になったもの。リベンジします。




トップ|教室日程| 教室の進め方|講師紹介|資料集

inserted by FC2 system